トップ

乳酸菌で花粉症改善

乳酸菌の花粉症改善効果

花粉症の免疫細胞には乳酸菌

乳酸菌といえば、今までは「便秘を改善する」「腸内環境を整えてくれる」というイメージがありました。が、最近では花粉症の改善に効果があるとして、注目度が高まっています。

そもそも、花粉症はアレルギー疾患の一種です。花粉は本来体に悪いものではありませんよね。ですが、免疫の異常反応により、本来は敵ではないはずの花粉を、免疫が攻撃してしまっているのです。

この免疫細胞には、「Th1細胞」と「Th2細胞」というものがあります。「Th1細胞」はアレルギー反応を抑える働きを持ち、「Th2細胞」はアレルギー反応を促す働きがあるとされています。そして、この2つの細胞のバランスが崩壊すると、花粉症を発症してしまうと言われています。

また、ウイルスなどが体内に侵入するとそれを攻撃する抗体「IgE抗体」が体の中で蓄積され、一定量を超えると、同じく花粉症を発症してしまうことがあるそうです。

しかし、乳酸菌は免疫を正常化させてくれます。この「TH1細胞」の働きを強め、「Th2細胞」の働きはセーブする作用があるとされています。また、「IgE抗体」が体内で作られるのを抑えてくれる働きも期待できるでしょう。おすすめの乳酸菌サプリ情報をチェックするならこちらをご確認ください。

花粉症の改善に役立つ乳酸菌やビフィズス菌ですが、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。有名なのは「L-92乳酸菌」です。この乳酸菌を配合したヨーグルトや乳酸飲料も販売されていますね。他にも「フェカリス菌」や「KW乳酸菌」、「ビフィズス菌bb536」なども花粉症の改善に効くとされています。

乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトや乳酸菌の入ったドリンクなどを飲むのがもっとも手っ取り早いでしょう。ですが、もうひとつおすすめなのがサプリ。手軽に飲めるので、忙しい人にもぴったりです。

Copyright © 乳酸菌の花粉症改善効果. All rights reserved.